出会い系サイトで知り合ったインテリ女性をネットナンパで濃厚セックス

最新版

出会い系サイトで知り合ったインテリ女性をネットナンパで濃厚セックス

 

昨年の秋頃、インターネットの出会い系サイトのPCMAXの掲示板で知り合った女性とのセックスの話の体験談をお話しします。

 

その女の人は、とある会社の発明の仕事をしている女の人で、出会う前までは

 

「想像以上にインテリの女の人だろうな。もしや牛乳瓶のふたのといったようなめがねをかけているのかな?」

 

などなどと、お堅い女性をイメージしていました。

 

でも出会い系サイトで知り合いになった女の人でしたから、ハッキリ言って会うまではとっても不安でした。

 

 

でもぶっちゃけて言うとあって見るとあちこちにいる、まともな女性でした。

 

スゴイきれいとか、物凄い可愛らしいとか、そういう女性ではなかったですが、それなりに十人なみの女性でした。

 

余談ですが、年下でした。

 

待合せは渋谷のハチ公前。

 

40分ほどして、予め電話しておいたケータイに連絡が入ってきました。

 

 

「遅れてごめんなさい。今の仕事がなかなか終わらなくて。。。」

 

「いいです!只今どこにいるの?」

 

「駅前の正面玄関の公衆電話から電話してるの。」

 

「じゃ、そこに歩いて行くから、このまま話し辞めないで!」

 

そういいながら、公衆電話のあるところに歩いたらいき、ようやく中谷さんと対面できました。

 

 

「じゃ、これからどうする?どこ出掛けようか?」

 

「お任せしたいと思います。」

 

「でも今日は暑いね!ビールちょっとだけ飲みたいね!」

 

「ウンウン!」

 

「じゃ、ラブホテル行って、ラブホの部屋で飲もう!」

 

「うん!」

 

そういって、隣りの恵比寿の駅まで電車で行きました。

 

 

恵比寿駅から降りるとラブホテルに向かう恋人同士がいっぱいいて、わたくしたちもその中に埋もれるかのようにラブホテルへと歩いていきました。

 

ラブホの部屋に着くなり冷蔵庫を開けてビールと取出し、二人一緒に乾杯しました。

 

「お疲れさま!」

 

「今の仕事大変だったね!無理しなくてもよかったのに・・・」

 

「ううん、約束してたから、頑張っちゃった!」と中谷さんはちょっと顔を赤らめながら返事しました。

 

 

「じゃ、お風呂に入ろうか!」

 

「ええ。」

 

「じゃ、ボクが初めにはいるから、後から入っておいで!」

 

「分かったわ。。。」

 

そうしてボクは会社の帰りだったので、Yシャツを捨て去り、バスルームへ行きました。

 

「おーい。まだ入って来ないのー?」

 

「今行くぅー!!」

 

しばらく経って、中谷さんはバスルームに入ってきました。

 

 

バスルームでおのおのの体を洗って、ボクが中谷さんの後ろを洗っている時にこらえきれなくなりなり、

 

背後から中谷さんのおっぱいを触り、中谷さんは後ろへ振り返るように顔を寄せて、口づけをしました。

 

舌を絡ませながら激しいキスをし、ボクは中谷さんの乳首を指で挟むようにして愛撫してあげました。

 

 

「あぁん・・・。」

 

「辛抱できなかったんだ・・・」

 

「ボクも、とてもしたかった・・・」

 

「続きはキングサイズのベットに行ってしようね!」

 

「はい」

 

 

そう言ってボクたちは何気なくバスタオルで体を拭き、ラブホテルのベットへと移りました。

 

ベッドに腰を掛け、ボクは中谷さんに覆いかぶさるかのように、中谷さんを仰向けにしてまた激しいキスを始めました。

 

とろけるような舌触りの中で、ボクのオチンチンはなお一層大きくなっていきました。

 

舌を絡ませながら、おのおのの唾液の味を試食するかのように、ねっとりと口づけを繰り返しました。

 

ボクは左手を中谷さんのバストへと滑らせ、先ほどのバスルームの時にように乳首を指で挟んで愛撫してあげました。

 

 

「はぁぁ、、ん」

 

ちょっと中谷さんの喘ぎ声が漏れ、ボクの盛り上がりは益々上がっていきます。

 

中谷さんの体を飢えた獲物が、むしゃぶりつくかの様に乳首に舌を這わせて愛撫を続けます。

 

 

「あぁん、、いいぃ」

 

「乳首、舐められるの好み?」

 

「うん、すごく好き」

 

そういってボクは乳首をクチビルで挟み、ブルブルと揺らしたりしました。

 

 

ふたたび、乳首の回りを舌先で軽くふれる程度になめ回したり、舌先で乳首をつついたり、ときどき舌先で乳首を跳ね上げるように舐めたりしました。

 

中谷さんもさすがに理性を保っていられなくなり、性に飢えたアニマルの様に化けていきました。

 

中谷さん自身がボクの男性自身を握り、愛撫を始めます。

 

 

「あ、、いいよ。オチンチン好きなんだね!」

 

「うん、一番好き」

 

「いいんだ。それが当たりまえなんだから、もっとスケベになって・・・」

 

「あぁー、むちゃくちゃなりそう・・・」

 

 

そういって中谷さんはボクのトランクスを下げ、生きたままの巨根を触ってきます。

 

体が密着していたせいか、手を動かしにくかったみたいで、とは言ってもちんぽをアップダウンにしごいてくれます。

 

 

「くわえてくれる?」

 

「うん!」

 

そういって中谷さんはボクの股の部分へと移動し、寝転がっているボクに対し、上目遣いでボクを見つめながら舌でじっくりと舐めまわしてくれます。

 

 

「んぐっ、、んぐっ、、」

 

「おいしい?」

 

「うん、凄くおいしい!先からもう汁我慢があふれてるよ。」

 

「お前もだろ!」

 

そう言いながら中谷さんは口を窄めて、時には玉袋の部分を口で吸ったりしました。

 

 

「今度は俺が舐めまわしてあげる!クンニされるの好きでしょ?」

 

「うん、舐めてくれるの?」

 

「いいよ!俺、クンニするの、お気に入りだから!」

 

 

そう言って、ボクは既にびっしょり濡れているマン汁まみれのオマンコに顔を埋め、その淫汁を味わうように舌で掬ってあげました。

 

時々、クリトリスに舌が引っかかるように全体を舌で舐め上げ、その味を堪能していました。

 

そしてクリトリスを舌でつつくように舐めたり、舌先で突き破るように舐めたりすると、中谷さんの喘ぎ声は悲鳴へと変わっていきます。

 

 

「あ゛ぁーーー!」

 

「クリトリスがおすすめだね!?」

 

「あ゛ぁ〜〜」

 

ボクの質問には想像以上に答えられなく、ただ爽快感に堪え忍んでいるように見えました。

 

そのうえで、前以て中谷さんに話していた

 

「舐め&バキューム&振動」のクリトリスに向かっての愛撫をしたとたん、中谷さんはわめき声をあげました。

 

 

「いやぁーーー!死んじゃうぅーーー!!やめにしてぇーーーー!!!」

 

「終了して欲しいの?」

 

「いやぁーーー!!!死んじゃうぅーーーー!!!!」

 

 

全くボクの質問には返事してくれないので、さらにクリトリスを強力に吸い付き、顔を両サイドに振りながら振動を与えます。

 

そんな中谷さんのお楽しみにおぼれる苦痛の表情を見て、ボクも我慢できなくなり、クンニを止め、マジギレした肉棒を中谷さんの中へと沈めていきました。

 

多過ぎる程濡れていたので、全く違和感もなく奥へ奥へと沈んでいきました。

 

王道的な正常位で挿入し、腰を降り続けます。中谷さんのマン汁まみれのオマンコに巨根が出入りしているのを見ながらボクも益々興奮していきます。

 

 

「あぁ、、いいぃ!挿入してるぅ!!」

 

「大量に入ってるでしょ?おまんこが絡みついてるよ・・・」

 

「膣の奥までちょーだい、奥まで」

 

「そんなに奥の方まで欲しいのか?」

 

 

そう漏らしてボクは中谷さんの足を抱え、屈曲位で深く中谷さんに腰を沈めていきました。

 

そして体位を得意の駅弁にチェンジ、下から激しく突き上げたり、

 

今一度キングサイズのベットに移ってバックで”パンパン”と音がラブホの部屋に響くように突きまくりました。

 

松葉崩し、正常位、体位を次々と変化させ、

 

 

「あぁ、いっちゃうぅ、入っちゃうよぉーーー!!」

 

「俺もいっちゃう・・・。いっぱい出していい?」

 

「いっぱい出してぇ!お願いぃ!!」

 

「いくよ!」

 

「あああああぁぁ」

 

最後は舌を絡ませるキスをしながら屈曲位で突きまくり、二人は果ててしまいました。

 

 

もちろん、このときはコンドームを着けていましたので、コンドームには白濁色の液がいっぱい入っており、

 

「いっぱい出ちゃったね!溜まってたの?」

 

「溜まってはいないけど、君のまんこが凄く良かったからだよ!」

 

「どうもありがとう。本当に死ぬかと思っちゃった・・・」

 

「そんなに気持ちよかったんだ。そういってくれると嬉しいよ!」

 

と、ラストに再びシャワーを浴びてラブホテルを後にしました。

 

 

それから、中谷さんからメールが来て、

 

「今の仕事が多忙でなったので、ちょっと会えそうにありません。またお会いできる日をワクワクしています」

 

と言ったまま、連絡が無くなってしまいました。

 

 

もちろん、スマホの番号は知っていますが、あえて連絡しないようにしています。

出会い系サイトへの入会が不安ですか?

PCMAX(ピーシーマックス)

出会い系サイトへ入会・登録するとなるとやっぱり不安・・・
でも大丈夫です!!
当サイトでは安心・安全な出会い系サイトしか
紹介していません!!

そして出会い系サイトについて正しい知識を
知っていれば、なんら不安になることもなく
仮に悪質な出会い系サイトを見ても心配になることはありません。


「出会い系サイト」のメリットとデメリットを学ぶにはコチラ >>


本当に出会える出会い系ランキング

オススメどの地域でも抜群の集客を誇るサイト


オススメPCMAX(18禁)

年間広告費もなんと毎年10億円以上を投入

PCMAXをランキングNo.1なのは運営の堅実さ、利用料金の格安さ、女性会員が(サクラでなく)多く簡単に好みの女性と会えるというところです。出会い系サイトというと胡散臭いというイメージがある中で、このサイトはクリーンなイメージなので多くの女性が利用している男女ともに大人気の出会い系サイトです。

                    


オススメハッピーメール(18禁)

出会い系サイトで知り合ったインテリ女性をネットナンパで濃厚セックス 当サイトでは1位にPCMAXがおススメですが、ハッピーメールも実は人気があります。管理人は個人的にこのサイトが一番好きです。 ハッピーメールは高いセキュリティで価格設定の会員にやさしい良心的。だから安心して使えますね。機能が豊富なので異性との出会いが高いのが特長! コチラのサイトも本当にオススメです
                    


オススメわくわくメール(18禁)

わくわくメール(18禁) 管理人としては「わくわくメール」と「ハッピーメール」は甲乙付けがたいね。女性との出会いは地域によっては女の子が全く違う場合もあったりと、意外な出会いでかなり美味しい部分が多く、絶対に抑えておきたいサイトです!ハッピーメールは人妻率が多い気がするので、絶対に外せません

                    


ミントC!Jメール(18禁)

ミントC!Jメール(18禁) 人妻、素人、テレクラの流れから使っている人も多いので、人妻などが穴場。 地域によっては、昼間の人妻がPCマックスや、わくわくメールとは全く違う層だったりするので最高^^
他のサイトに比較して若干値段が高く使いにくいかもしれませんが慣れればサクサク使えます^^

                   


YYC(18禁)

YYC(18禁) ライブドアが運営しているという部分では抜群の安心感があるのがこのYYC。 気軽にセックスというよりも、パートナーを探している人が多い様な気がします。上記ランキングよりも固い感じの女性が多い。

                   

出会い系サイトで知り合ったインテリ女性をネットナンパで濃厚セックス関連ページ

出会い系サイトでまじめな子をセフレにするための実践体験
出会い系サイトを利用してセフレをゲットしたり普通の女性と出会えた体験談
露出狂のオイラが出会い系サイトで知り合った専門学校生にフェラチオを伝授!
出会い系サイトを利用してセフレをゲットしたり普通の女性と出会えた体験談
出会い系サイトで知り合ったグラドルルックスの爆乳淫乱OLとエンドレスセックスの体験談
出会い系サイトを利用してセフレをゲットしたり普通の女性と出会えた体験談
ファミレス勤務女性と出会い系サイトでセフレ関係になった体験談!
出会い系サイトを利用してセフレをゲットしたり普通の女性と出会えた体験談
出会い系サイトで知り合った失恋した女子大生をペッティングで行かせた絶倫男
出会い系サイトを利用してセフレをゲットしたり普通の女性と出会えた体験談